FC MEGURO

NEWS

FC目黒が目指す3つの「C」

ただサッカーが巧いだけの選手を育てるのではなく、本人の将来を見据えた指導を目指しています。

月並みな表現かもしれませんが、伸ばしたいのは“人間力”。

選手の未来を預かっていることを忘れず、個の育成のため、3つの「C」を理念に掲げて日々取り組んでいます。

Choice(チョイス)

考え、悩み、苦しみ、それでも最後にはきちんと選択(Choice)して答えを出せる人間になってほしい。
サッカーを通じて、どんな場面においても自分にとって最善であり、納得できる選択をする力を得よう。

Care(ケア)

決して1人では生きていけないから、自分だけでなく、自分の周りにいてくれる人のことをいつも気遣える(Care)人間になってほしい。

サッカーを通じて仲間を思いやり、協力し、助け合う力を得よう。

Challenge(チャレンジ)

はっきり言って、人生は失敗の連続。だからこそ、失敗を恐れずに挑戦(Challenge)しつづける人間になってほしい。

サッカーを通じて、失敗を恐れることなく挑戦する力、くじけずに前を向く力を得よう。

Choice、Care、Challenge。この3つの「C」をいつも心に。これがFC目黒が目指すゴールです。

クラブ概要

Football Community 目黒(通称 FC目黒)は、目黒区を中心に品川区・世田谷区・大田区周辺で活動する中学生対象のサッカークラブチームです。
2002年4月設立。東京都クラブユース
サッカー連盟、ジュニアユース東京リーグ等に所属。

ユニフォームカラー

FP:グレー/ダークグリーン
GK:フラッシュピンク/サックスブルー

卒団生の進学先の一部

静岡学園、聖和学園、帝京長岡、中央学院、東福岡、鹿児島実業、京都共栄学園、学法石川、富山第一、高岡第一、日本航空石川、盛岡中央、八戸向陵、上田西、東海大学諏訪、千葉黎明、ふたば未来学園、國學院久我山、修徳、東海大学高輪台、早大学院、本郷、大東文化大学第一、専修大学付属、日本大学豊山、日本大学鶴ヶ丘、立正大学付属立正、目白研心、東京実業、大森学園、日本学園、日体大荏原、駒場学園、 多摩大学目黒、都立東、都立美原、FCトリプレッタユース
(近年の実績/順不同)

ジュニアユース

中学生を対象とした「U-13(中学1年生)」「U-14(中学2年生)」「U-15(中学3年生)」の3チームがあります。
基礎的な技術、瞬時に状況判断する力を習得し、高校進学以降も活躍できる選手の育成を目指しています。加えて、ひとりひとりの個性を磨き、その個性をプレーに活かす指導を実践。常に向上心とアイデアを持ち、心からサッカーを愉しめる選手を育てていきたいと考えています。

スクール活動

小学生対象のスクール活動を行っております。ひとりひとりのスキルに合わせた的確な指導で、サッカーの本質的な楽しさを追求しお伝えします。

・ドリブル塾(小学1~6年生)
・スペシャルクラス(小学4~6年生)
・走り方教室(小学1~中学3年生)

各スクールの詳細情報下記リンクよりご確認くださいませ。

スクール活動詳細ページへ

OB

FC目黒の卒団生が、全国各地で活躍しています。近年では都外の高校に進学し、親元を離れてサッカーに打ち込む選手も増加。サッカーで培った人間力を活かし、FC目黒のOBが社会のさまざまな分野で大健闘しています。

泉 颯 選手(DF)FC目黒 12期生

油面SC - FC目黒 - 静岡学園高校(静岡県)2021年から早稲田大学へ進学早稲田大学ア式蹴球部の一員として2023年度関東大学リーグ2部の登録メンバー入り(背番号12)

白石 海翔 選手(FW)FC目黒 12期生

不動小SC - FC目黒 - 聖和学園高校(宮城県)聖和学園高校時、ルーキーリーグ東北大会優勝、全国ルーキーリーグ交流大会出場(2018年)2019年には、宮城県新人戦優勝、宮城県代表として東北大会に出場2021年から東京国際大学へ進学

望月 達也 選手(MF) FC目黒 4期生

上目黒FC - FC目黒 - 日本航空高校 - 埼玉工業大学 - FC琉球。日本航空高校3年時は、主将として全国高校サッカー選手権大会に出場。埼玉工業大学時には、関東選抜候補に選出されるなど活躍。2017年にFC琉球(J2)へ加入その後、2018年に早稲田ユナイテッドレンタル(関東2部)に移籍2019年より東京23FC(関東1部)移籍、2020シーズンで退団、2021年から東京ユナイテッドFCへ加入


その他大学サッカー部で活躍している主な選手

山田 照瑛(FC目黒13期生) 渋谷東部JFC - FC目黒 -上田西 - 尚美学園大学2年
石井 勝士(FC目黒11期生) 不動小SC - FC目黒 - 大東文化第一  - 日本体育大学2年

MESSAGE

メッセージ

3年間という、限られた時間。

その中で、選手ひとりひとりの武器を見いだし、
真の自信を育てるためには、今すべきことを堅実に
やる以外に方法はありません。

時には、泥臭くて地味な練習がつづくことも。
思った通りの結果が出ないことも。

本気で練習する以上、結果が必要なことは
わかっています。しかし、勝敗だけに執着することが、
子どもたちの可能性の芽を潰すことも事実です。

それを踏まえた指導をするのが、わたしたちFC目黒らしさ。

選手ひとりひとりをじっくり観察し、辛抱し、寄り添い、
一緒にボールを追いかける、そんなスタッフが揃っています。

今は体が小さくても、スピードがなくても大丈夫。
技術が無くてもまったく問題ありません。

目指すのは、チームを卒団したあとも幅広く活躍できる
“人間力”の高い選手の育成。そして、勝利の「感動」を
選手に味わってもらうための妥協しない本気の指導。

チーム卒団後、「FC目黒で良かった」と思ってい
ただける指導を心掛け、“前へ前へ”と向かい
勝負しつづけてまいります。

スポンサー

MESSAGE

メッセージ

3年間という、限られた時間。

その中で、選手ひとりひとりの武器を見いだし、
真の自信を育てるためには、今すべきことを堅実に
やる以外に方法はありません。

時には、泥臭くて地味な練習がつづくことも。
思った通りの結果が出ないことも。

本気で練習する以上、結果が必要なことは
わかっています。しかし、勝敗だけに執着することが、
子どもたちの可能性の芽を潰すことも事実です。

それを踏まえた指導をするのが、わたしたちFC目黒らしさ。

選手ひとりひとりをじっくり観察し、辛抱し、寄り添い、
一緒にボールを追いかける、そんなスタッフが揃っています。

今は体が小さくても、スピードがなくても大丈夫。
技術が無くてもまったく問題ありません。

目指すのは、チームを卒団したあとも幅広く活躍できる
“人間力”の高い選手の育成。そして、勝利の「感動」を
選手に味わってもらうための妥協しない本気の指導。

チーム卒団後、「FC目黒で良かった」と思ってい
ただける指導を心掛け、“前へ前へ”と向かい
勝負しつづけてまいります。

スポンサー